konのアウトドアブログ

富山でのアウトドアブログ
これからアウトドアを満喫しながらスローライフ&ライフワークバランスを目指すおっさんのブログです。
とりあえず、キャンプと低山の登山を家族ではじめてがんがん
アウトドアを満喫するぞ!

立山黒部アルペンルート開通前

今回はキャンプとか登山の内容は一切ないので、興味のない方はスルーしてください。さて今年の立山黒部アルペンルートにある雪の大谷は近年になく高く雪の量も多かったですね。紅葉シーズンもいかれた方は多かったのではないのでしょうか。さてkonはといいますと結局シーズン中は行かずに息子と雄山登頂チャレンジも来年に持ち越しました・・・もうちょっと体力つけないとね(自分が・・)毎年ゴールデンウィーク前に全線開通させているアルペンルートですが、今年は雪の量が多くて大変だったみたいですね。ちなみにkonは今年の2月~4月途中にかけてちょこちょこ行っていたので今回はその写真などを紹介してみたいと思います。(もちろん一般の方は開通まで通れません)あくまで仕事ですので観光みたいに楽しくはないんですが富山市内に雪が少なくなってきている分、別世界に行っているような感覚にとらわれます。



ちなみに上の写真では左の轍から外れると動けなくなるくらいに雪があります。
もちろん開通後は綺麗に2車線は道が空けてありますが開通前は、ところどころ道が雪崩で塞がったりして怖いどころの騒ぎじゃないんです・・除雪は毎日行われているんですが、雪が降ってすぐに積もり始めます。



雪の壁の日陰に入ると路面はアイスバーンへと変化します。(怖すぎる・・・)



カーブも轍を外れるとか車が亀になって身動きがとれなくなります。結局、目的地まで上がれなくて引き返した日もあったなぁ。(帰ってからいろいろ言われたけど、しょうがないんじゃん登れないんだから!)



この時期雪の壁の間は極寒の風が吹き込み天然の冷凍庫と化します。外で5分作業しているだけで手が動かなくなります。いやほんと指が取れるんじゃないかと思うくらい・・・完全防備しているのに長い時間いると凍死しそうになる・・場所によりますけどね。



オープン前の弥陀ヶ原ホテル。重機と人力で屋根の雪下ろしとか雪かきしてましたね。ご苦労様です。ここも寒かった・・・夜までここの前で、いろいろ作業していたのも今は思い出となりました。(もう嫌ですけど)氷点下プラス標高が高いので空気は薄いですしね。早く帰りたいの一心です。



早めに帰れる日で天候が良い時は絶景が見れます。こういうのは救われる^^



景色の向こう側に雲海が広がります。写真だとわかりずらいかもしれませんが、こういう景色を望めるのはちょっとした特権ですね。



雲海アップ!すべてスマホで撮影しているので来年も行くことがあったら、こっそり他のカメラでも持っていこうかな。(もちろん仕事優先ですよ!)



開通直前の室堂ターミナル。いろんな業者が物資を搬入しています。このころには綺麗に道が除雪されてトラックなんかも普通に上がってこれます。



開通直後の室堂ターミナル。観光バスがぞくぞく登ってきて観光客で賑わいます。日本人より中国人の方が多いイメージでしたね。ちいさな雪だるまを作って家に郵送するというイベントもやってたみたいです。(1500円だったかな。高いよ・・・)



雪の壁に沿って「雪の大谷ウォーク」にはけっこうな行列ができていました。konは車で素通りするだけでしたが。まだ家族で雪の大谷は見に行ったことはないので今度は観光できたいですね。白銀の世界を息子と妻にも見せてあげたいと思います。


最後に写真ではイマイチ伝わっていない開通前のドライブを動画にしてみましたので興味のある方はご覧ください。

立山黒部アルペンルート開通前 雪道ドライブ 雪の壁


最後まで読んでくださった方ありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。